CCクリームの成分

ファンデーションに替わるベースメイクコスメが溢れ、まさに肌メイク百花繚乱の時代になりました。そんな中で話題になっているのがCCクリームです。基礎を作るベースメイクはお化粧の基本アイテムですが、美容に敏感な人々の関心はCCクリームに集まっているようです。
CCクリームはColor controlであったり、complete correctionであったりと各メーカーによって正式名称が異なりますが、一様にスキンケア効果が高い成分を含み、肌をきれいに見せる補正効果が高いことが特徴です。CCクリームは肌の欠点を周囲の肌と馴染ませ、光を拡散させて滑らかな質感を作ってくれるパール成分を含んでいます。塗って欠点を隠すものではなく、肌の悩みを光を操ってカモフラージュし、本来の印象をより美しく引き立ててくれるものなのです。
CCクリームは素肌の良さを生かしつつナチュラルメイクをする時に最適なアイテムです。とても軽い付け心地のものが多いので、肌呼吸を妨げずにすっぴんのような自然な肌を演出することが出来ます。美容液成分を多く含むこともメリットの一つですから、保湿クリームを塗っているかのように水分を浸透させてうるうるの肌をキープしてくれます。メイクをしながらスキンケアが出来るなんて、一石二鳥の優れモノですね。
忙しくてメイクをするのが手間だと感じる朝や、たまには肌を休ませたいけどメイクもしたい…という休日、すっぴんは嫌だけどばっちりメイクというわけにもいかない旅行の時などに、CCクリームを活用することでニーズに合ったメイクをすることが可能になるでしょう。

話題のCCクリームの使い方

CCクリームはナチュラルで美しい肌になることができます。
CCクリームは薄塗りでもカバー力が高く、肌色をキレイに補正にします。コンシーラーやファンデーションを厚塗りする必要はなく、肌へ負担が軽いのです。また保湿成分などが含まれおりスキンケアの要素もあるため、化粧下地として塗るだけでスキンケアも可能です。
CCクリームの使い方は、スキンケアの効果があるので、ローションやクリームなどは省略することができます。自然な肌の仕上がりにしたい場合は、薄く1度塗り、しっかりカバーしたい場合はもう1回重ね塗りします。クマやシミなどがある箇所は重ね塗りします。化粧直しが必要な場合は、水分を補給してから重ね塗りすることで肌に密着します。自然な仕上がりにはCCクリームとパウダーの組み合わせです。薄く肌に塗り顔全体にパウダーを軽くはたくことでナチュラルな肌が完成です。
きちんとした印象に仕上げる場合は、CCクリームとファンデーションの組み合わせです。CCクリームを塗り、ファンデーションを塗ると美しい完成度の高い肌になります。
いくつかの化粧メーカーが販売していますが、それぞれ個性があります。軽いつけ心地で肌の気になるところをカバーして長持ちするタイプ、肌にフレッシュさと明るさを演出するタイプ、べたつきがなく肌になじみツヤ感と透明感がある仕上がりになるタイプ、1本でスキンケアの潤いとUV下地、ファンデーションの仕上がりが期待できるタイプなどで、自分の希望する仕上がりになるタイプを使用することがナチュラルなメイクを完成させるポイントです。

口コミで人気のCCクリーム

近年、伸びがよくカバー力があるCCクリームが売れています。人気ランキングサイトで商品を比較できるぐらい様々な商品が販売されており、本当に自身に合うものを口コミで調べてから選ぶことが出来ます。
特に乾燥肌の方は朝、メイクをすると夕方にはファンデーションが乾燥してしまい、目元や口元の小じわが目立ち、悩んでいる方も多いようですが、CCクリームなら安心です。
美容液成分がたっぷり含まれているので、これ1本でも十分しっとり感はありますが、崩れや乾燥をより防ぐなら塗る前に化粧水や乳液で肌を整えると安心です。
また、CCクリームを選ぶ時に気になるのがカバー力やツヤがどれだけ続くか、崩れにくさです。このような点も口コミを参考にできますし、肌の赤みが気になる方には赤みをカバーできるもの、毛穴や肌の凹凸を滑らかに仕上げられるものと肌悩みからCCクリームを選べます。
カバー力が強くてもファンデーションを厚塗りしたような不自然さは感じませんし、見た目も自然でナチュラルメイクのような仕上りになります。
CCクリームは化粧下地、ファンデーションやフェイスパウダー、クリームや日焼け止めと、これだけの役目があり、メイクの時間を短縮でき、忙しい朝には手放せないという口コミも多く見られます。また、配合されている美容成分は商品によって違いはありますが、保湿効果が高く、メイクをしている時もスキンケアをしているようなそんな感覚になれると評判です。